ANANDA SOUL YOGA BLOGS

イダーとピンガラについて

著作クンダリーニ タントラ和訳より

イダーとピンガラは肉体内でかわるがわる働き、同時には起きない。あなたが自分の鼻の孔を観察すれば、一般的に一方が自由に流れる時にはもう片方はブロックされているのに気づくだろう。左の鼻の孔が開いている時には、月のエネルギー、イダー ナーディが流れている。そして右の鼻の孔が自由な時には、太陽のエネルギー、ピンガラ ナーディが流れている。

 研究によれば、右の鼻の孔に息が流れている時には、脳の左脳が活性化されており、左の鼻の孔に息が流れている時には、右脳が活性化されている。これはどのようにナーディ、エネルギーの管が脳、人生の出来事、意識を制御しているかの方法である。

関連記事

PAGE TOP